EMOTIONAL感動通信

2009年 06月 12

リードの数量UPと質向上の秘訣とは? -後編-

リードの数量と質向上の秘訣とは?-後編-

kando_tennjikai_title1
前回の感動通信から引き続き、展示会における効果的なブース運営・リード獲得についてお送りします。

③フォロー体制の重要性

前回の感動通信で、展示会出展後のフォローに難儀している企業が意外に多いと記述しました。そう、前述したとおり「フォロー」は一番難しく、そして大切なことです。
展示会サポートをお手伝いする中で、効果的だった施策をいくつかご紹介しましょう。


【リスティング広告で、展示会後にWEB検索をする見込み客をキャッチ!】

来場者は展示会場で得た情報(カタログなど)を持ち帰り、まず改めて「製品・サービス名」や「社名」でWEB検索するケースは多くあります。そこで、リスティング広告を掲載し「○○○展△△△ブースへご来場ありがとうございました」といった誘導コピーでランディングページに誘導し、より詳細な情報やセミナー情報などを提供します。このように手厚く展示会来場者をフォローすることで、来場者満足度を上げることができます。


【意外と面倒な名刺入力をスキャナーで代用】

フォローといえばやはり早く連絡を取ること!先手のアプローチが効果的なのは、いうまでもありません。名刺情報はすぐにデータ化して、営業スタッフで手分けをしてアプローチをしましょう。
名刺入力を代行する会社も多く存在し、大きな手助けになります。しかし入力作業にコストはかかりますし、近年では個人情報の取り扱いもシビアになって入力業者の選定もシビアになっているようです。

そんな折、最近ではこんな便利なスキャナーも世に出始めました。

function-001

scaner




[ScanSnap S1500]

http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/s1500/




高速読み込みで情報を画像化し、同時に機能で文字情報化してくれます。

イースペースでも最近導入しましたが、展示会などでいただいた名刺をすぐにデータ化してお客様にお渡しできるので、大変好評を得ております。

ただ、文字の変換ミスがあるため、修正を加える必要性があります。

社内で数人による管理であれば、実用的な企業様も多数いらっしゃるのではないでしょうか。


【短期マーケティングサービスで人的リソース不足を解消!】

人的リソースにお困りの方には、E-Mail、Web、Fax、Telを組み合わせた短期マーケティングサービスパッケージ( http://www.symphony-marketing.co.jp/service/crosswave/ )も選択の一つとしてご案内しています。企画から設計・実施・レポートまでをワンストップで行ってくれるので、短期間で有望見込み客を絞り込むことができます。

シンフォニーマーケティング株式会社は他にも、顧客・見込み客データ管理代行サービス「DBFocus」といったサービスもあり、精力的に技術向上・サービス向上を図っているようで非常に評価が高い注目の企業です。

④最後に

上記に紹介した以外にも様々なサービスや企画が存在しますが、イベントは上記①~③までの基本を踏まえたうえで企画すれば、オリジナリティあふれる展示物との相乗効果で効果は何倍にも増やすことができると考えています。

そして「感動」のあるイベントを…。イベント出展をお考えの方は是非イースペースまでお問い合わせ下さい。

戻る