news

2009年 06月 12

イベントノベルティ 人気ランキング☆

今回はイベントノベルティの最新トレンド情報をお届けします!
イースペースが独自の集計によってランキングを作成し、分析しました。
その結果から、人気の理由と傾向を探り、ノベルティを制作する際に注目するべきポイントをお教えします。

イベントノベルティ 人気ランキング


e78e8be586a01 タンブラー
2位 ふせん・ふせんケース
3位 おまメッセージ

e382bfe383b3e38396e383a9e383bcイースペースの提案でもダントツ人気のタンブラーが1位になりました。

もともと「タンブラー」とはカクテルなどに使うグラスのことでしたが、最近一般的に使われるのは、フタ付きのコップ、簡易 の水筒といった感じで、素材は保温性のあるステンレスや、軽量のプラスチックが多く、持ち手付きのものもあり、デザインも豊富です。

ノベルティとして選ばれる理由は、やはり老若男女使う人を選ばないということでしょうか。最近ではビジネスマンが持つことも増えているようです。

店頭価格が500~2,000円程度と、「買うには迷うけど、もらえればうれしい」という価格帯であるのもポイントが高いといえます。イベントでの配布においては多少かさばりますが、その分‘もらった感’があります。
価格や名入れの希望に合わせて、紙の差替えによる全面フルカラー印刷や、直接プリントできるシルク印刷などが選べるところも特長のひとつです。

e381b5e3819be382932位にランクインしたふせんはノベルティの常連さんですが、なんと「ふせんケース」が人気上昇中なのです。

様々なシーンで大活躍の付箋ですが、メモ帳と違ってカバーやケースは少なく、持ち運んでいるうちにかばんの中でぺらぺらめくれてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。
ケースとふせん両方に名入れすることで、ロゴやコピーの露出が増え、オリジナルの幅も広がります。

e3818ae381bee382813位のおまメッセージは、絶大なインパクトでお客様からの反響が最も大きい商品です。

約2センチもある大きなおまめ(シロナタマメの種)が入っていて、水をあげると1週間程度で芽が出ます。
パッケージのふた、側面にも名入れができるのですが、芽が出るとなんとその芽にロゴが出てくるのです。もらったときだけで終わらない、時間差メッセージには誰もが驚くこと間違いなしです。
イースペースでも、サンプル品を育ててみました。発芽の様子はナビゲーターの、がんばれ!ザイちゃんへ!


ランキングからわかる、ノベルティ選びのキーワードは、『名入れのバリエーション』です。
ノベルティにとってロゴの露出は基本中の基本ですが、単にロゴを入れるだけでなく、商品デザインの一部となるようなオリジナル性や、脱マンネリ、インパクト重視の企業も多いようです。そのため、商品自体の目新しさ、ノベルティとしての新しさや、配り方を工夫したりするなど、新しい動きが目立ちます。また、ロゴの規定により1色印刷ができなかったり、サイズが合わなかったりすることを避けるため、名入れ対応の柔軟さは重要なポイントだといえます。

また、『繰り返し使う』というエコな要素も、タンブラーをはじめ、エコバッグやマイ箸などに見られます。繰り返し使う、つまり、ロゴが目に付く機会が増えるということで、オリジナルを作る価値がさらに増すのではないでしょうか。

企業アピールのチャンス、ぜひ有効に使ってください。

戻る