news

2009年 05月 01

財前 朱加

zaizen_ttl

zaizen_3株式会社イースペース 企画制作
財前 朱加(ざいぜん あやか)

大阪府東大阪市出身。
高校卒業後、熊本県立大学へ進学し、建築の基礎を学ぶ。就職をきっかけに東京に進出。現在は、イースペース最年少スタッフとして、学生時代に習得した知識を活用し図面の作成など、イベントの制作業務に励んでいる。多岐にわたるイベント制作業務に、悩み戸惑いながらもひとつずつ業務をこなし、日々成長中。
いつかは展示会のブースデザインもできるように、ブースデザインの考え方や、ベクターの使用法なども貪欲に勉強中。


バンド活動からイベントへ


イースペース社内で紅一点な存在の彼女だが、学生時代には、多くのライブハウスや音楽イベントに足を運び、また自身もサークルの友人達とバンド活動に明け暮れていたという。彼女にとって、イベントに携わる出発点は音楽だった。

「当時通っていた高校では、文化祭や体育祭といった公式行事が一切ない学校で、パワーが余っていたんですね。」と、彼女は語る。

バンド活動だけではそのパワーも収まらず、同級生で有志を結成し、文化祭や体育祭といった学校行事を自らの手で創り出した。学校側との調整やスタッフのアサインなど準備にあたっての苦労は多くあったそうだが、徐々にイベントとして形を成していくと共に、創出することの楽しみや喜びを憶えていったという。大学では、環境共生学部の居住環境学を専攻し、人間生活に係わるモノと空間を環境という視点から総合的に研究し、建物や都市といった『枠』から、都市設計や、人間と環境にやさしい生活空間のデザインの考え方を学ぶ。zaizen_1

現在イースペースで行っている業務においても、イベント会場での当日の人の動きや、現場でどこまで実現できるかなどのソフト的な要素の部分をイメージできていなければいけないというところは、大学で学んだことと精通するものがあると考えている。
とはいえ、いきなりイメージ通りできる訳もなく…「ひとつずつ現場を体験していくしかない!」とのこと。
EspaceTimesでは、大学時代に習得したCADの基本機能を用い、「がんばれ! ザイちゃん」を執筆中!

がんばる! ザイちゃん


zaizen_2イースペースでは、最年少かつ唯一の女性スタッフとして、制作業務に励んでいる。
これまで、イベントといえばライブやコンサートなどフェスティバル系のイベントしか知らなかった。
イースペースでは、ビジネス系のイベントの制作業務も多く、先輩からのレクチャーを受けつつも手探り状態で奮闘中。

そんな彼女だが、「自分宛てに電話がかかってくる瞬間は、何か問題があったのかといつもドキッとします。」と、言うようにナーバスな一面もある。面倒くさいのは好きでないと言いつつも、最近、黙々とデータ作成・データ処理をしている時に、ふと我に返ると、「あ、楽しい。」と密かに感じているらしい。

「最近は時間が過ぎるのが早すぎるのに驚きます。集中しているからなのか、バタバタしてるだけなのか、あるいはぶっ飛んでいるのかはわかりません。」

戸惑うことや苦労もあるが、経験したことのないことにチャレンジする日々は充実している。

戻る