news

2018年 12月 03

VR動画が見やすいレンズREQ

youtubeなど動画サイトがVR動画対応になったので、非常にお気軽にVR動画を視聴することができるようになりました。またVR動画をドローンで撮影してyoutubeなどにUPできるようにもなりました。

VR動画で本当にそこにものがあるかのような「没入感」を得ようとするならば、高価なVRゴーグル(HMD:ヘッドマウントディスプレイ)が必要でしたが、現在はスマートホンと簡易的なVRゴーグルを使用して気軽にVR動画を見ることができるようになりました。

youtubeなどで視聴できるVR動画
スマートホンとVRゴーグル(HMD)でVR動画が視聴可能

しかし、簡易的なVRゴーグルはコストメリットは高いのですが、視聴した際3D酔いが強かったり(※)背景を中心に鮮明に見えないなどのデメリットもありました。

現在多くの簡易的なVRゴーグルは1枚のシート状になっているフレネルレンズや、焦点が1点の単焦点レンズの採用がほとんどです。また紙製でVRゴーグルの製造を行おうと思ってもレンズ単体で販売しているとこはなく、多くは海外から仕入れる必要がありました。※個人差があります。

そこで株式会社イースペースでは、VR動画が見やすいレンズREQ(リキュー)の販売を開始しました。

  • 国産で品質・取引ともに安心
  • 多焦点レンズなのでVR動画がしっかりはっきりと見える
  • 長時間VR動画をみても疲れにくい

※個人差はあります。

小ロット(1枚)~大ロット(10万枚以上)まで対応できます。ぜひお問合せください。

戻る